人気が高い銀行系カードローン

お金を借りる方法として消費者金融は有名ですが、最近は銀行のカードローンを利用する人が増えてきています。どちらも繰返し借入れ可能で使い道は自由なので、様々なお金のピンチに役立ちます。

 

消費者金融でお金を借りるという方法は一般に定着してきていて、利用者も多いです。それが銀行で借りる方へ移りつつある理由として、金利があります。

 

銀行で安心の借り入れを

 

銀行系カードローンの金利

消費者金融で適用される金利は、大抵最高金利です。例えばアコムなら最高限度額800万円で金利3.0%~18.0%、プロミスなら最高限度額500万円で金利4.5%~17.8%です。しかし、実際に何百万円も借りられる人はほとんどいませんし、金利は最高金利が適用される人がほとんどです。多くの人にとっては最高限度額と最低金利はあまり関係がありません。

 

実際には数十万円程度の限度額で金利はアコムなら18.0%、プロミスなら17.8%が適用されます。

 

銀行のカードローンにも最低金利と最高金利がありますが、銀行の場合最高金利が低めに設定されています。例えば三菱東京UFJ銀行のカードローン、バンクイックなら、最高限度額500万円、金利1.8%~14.6%です。バンクイックでも金利1.8%で借りられるわけではありませんが、最高金利が14.6%なので、少なくとも14.6%を超える金利は適用されません。

 

消費者金融の最高金利が18%程度なのに対して、銀行系カードローンの金利は14%台が多く、3%以上低金利で借りられる計算になります。

 

実際お金を借りる時に金利で比較する人は多く、それならばと銀行のカードローンが選ばれるのももっともなのです。

 

カードローンへの不安

カードローンならいつでも簡単に借入れができて便利ですが、カードローンの利用を知人に積極的に勧める人も、自分がカードローンでお金を借りているのを積極的に話す人も、あまりいません。実はカードローン利用者のというのは多く、利用者は2,000万人以上とも言われていますが、まだまだお金を借りるのに後ろめたさを感じる人が多いというのもまた事実です。

 

そのため情報が少なく、カードローンの利用に不安を感じる人も多いです。そのような時に、消費者金融よりも銀行の方が、安心して取引ができると考えている人は多く、不安を少しでも解消するために銀行のカードローンを選ぶ人もいます。

 

銀行であれば普段から取引などで利用している人も多いですし、銀行ならではの安心感というのは確かにあります。

 

はじめて借りる方は特に安心感を重視する傾向にあるため、安心して借りられるオリックス銀行カードローン初めての借り入れは優れているといえます。

 

サービスの質の差

消費者金融と銀行とどちらが借りやすいのか、これについては申込み先によって変わる部分もあり、一概には言えません。ただし、昔は消費者金融が早く簡単だという意見が多かったのに対して、現在は段々とその差がなくなってきています。

 

これは、銀行のカードローンが消費者金融のノウハウを学んで、サービスの質を向上させてきたというのが理由としてあります。

 

その1つが審査です。消費者金融の融資が早い理由の1つに審査時間の短さがあります。大手消費者金融の審査時間は最短30分です。その30分の間に、申告情報からの返済能力の判断だけでなく、本人確認やローンなどの取引履歴の確認、住所や勤務先の不備の確認などを行います。

 

銀行側では審査ノウハウの土台がある、消費者金融や信販会社に審査を委託して、時間の短縮に成功しています。銀行によってはインターネット上で契約手続きが完了するカードローンや、専用の契約機を設置している所もあります。

 

元々最短即日での融資が可能だからと消費者金融を選ぶ人もいますが、銀行でも即日融資に対応している所はあります。両者の質の差が埋まってきているため、どちらでも手軽で、迅速な対応ができるようになってきています。

 

両者のサービスの差が埋まって来れば、やはり決め手は金利となります。低金利で便利だという理由で、銀行のカードローンに注目が集まってきています。

 

低金利で借りられるなら目的ローンの代わりとしてもカードローンの利用ができ、審査基準が厳しくなるマイカーローン審査に通らない場合に低金利カードローンで借りるといった使い方も有効です。